ホンダ

バモス 買取相場・査定価格 一覧

ホンダ バモス

ホンダバモスは軽のワンボックスカーで1999年から販売を開始し、改良を繰り返して現在まで販売されています。
エンジンは後輪の前に配置するミッドシップレイアウトで後輪駆動と、四輪駆動車が設定されています。
後席は他社の軽のワンボックスカーと同じくスライドドアとなっています。
タイプはバモスとハイルーフのバモスホビオの二つがあります。
エンジンは現在は45馬力が基本で4WDのAT車のみ52馬力となっています。
現在は販売されていませんが64馬力のターボエンジンも設定されていました。
変速機は5速マニュアルと3速AT、4WD車とターボ車は4速ATですべてフロアシフト配置となっていす。
燃費は最も優れた5MT車で16.8km/lを達成しています。
インテリアは広い室内が特徴で、リアシートはリクライニングが可能で6:4分割式となっており、片側のみまたは両側とも床下に格納できるところがポイントです。
続きを読む

ライフ 買取相場・査定価格 一覧

ホンダ ライフ

ライフはホンダの5ドアハッチバックのトールワゴンスタイルのFFが基本で4WDも設定されている軽自動車で、ワゴンRやムーヴと比べると丸みのあるデザインが特徴と言えます。
最終型となったホンダライフは2008年にフルモデルチェンジが行われ、2013年にN-WGNが後継車となりモデル廃止になりました。
この5代目となる最終型ライフは前項が高くなり、窓が大きめに作られ視界を広く取られていることが特徴で先代モデルまでのライフとは窓配置自体が異なっており、このモデルにはリアドア後ろにも窓が配置されています。
続きを読む

オデッセイ 買取相場・査定価格 一覧

オデッセイ

ホンダ初の7人乗りミニバンであるオデッセイは1994年に初代モデルが販売されました。
1999年には初代のキープコンセプトの二代目にモデルチェンジし、この代までは3.0リッターモデルの設定があり、
後期型には現行モデルまで設定が続いているスポーティモデルのアブソルートが用意されました。
2003年の三代目モデルは全高が大幅に下がり独特のスタイルとなり変速機にCVTを採用するなど大きな変化がありました。
四代目は三代目の低全高モデルのキープコンセプトでしたが、車のデザイン雑誌で賞を受賞するなどデザインも進化しました。
続きを読む

ステップワゴン 買取相場・査定価格 一覧

ステップワゴン

現行ステップワゴンでは同等の年式や走行距離を軸に考えると、予防安全装備の装備されているG ホンダセンシングが高価買取となり、ステップワゴン スパーダでは2016年1月に登場した特別仕様車で予防安全装備の装備されたクールスピリット アドバンスパッケージ αなどが高額買取のトップクラスとなります。その中で4WDになると車体価格の増加分程度ではありますが買取価格が増加します。特別仕様車は現在は販売されておらず、それに相当しうるグレードはスパーダのクールスピリット ホンダセンシングとなります。モデューロXというスポーティなスタイルを持った特装モデルも本体価格が高いために高額買取が考えられますが、モデルデビューが2016年の11月と新しいため、あまりデータはありません。ステップワゴンBグレードは最低限の装備に近い低価格グレードであるため、先に挙げたグレードより高価格の買い取りにはまずならないといえるでしょう。
続きを読む

フィット 買取相場・査定価格 一覧

フィット

ホンダフィットは2001年7月に初代が誕生し、2007年に2代目が登場、2010年にはハイブリッドモデルが追加され、2013年に現行モデルにフルモデルチェンジしています。現行モデルでは査定価格が高いのは本体価格の高さと実数の少なさもあり、スポーティな外観を持つハイブリッドのSパッケージとなっています。次いで高いのは予防安全装備など充実した装備を持つLパッケージとなっています。次いでSパッケージが高価買取となります。
続きを読む