マツダ

プレマシー 買取価格・相場・査定価格 一覧

プレマシー

マツダ プレマシーは1999年から販売を開始しており、2010年型の三代目が最終モデルとなっている3列シートミニバンです。
現在は販売を終了しており、後継モデルは設定されていません。
また、二代目以降のプレマシーでは、後席が両側電動スライドドアを採用していましたが、直接的なライバル車種は存在しておらず、後席ヒンジドアのトヨタウィッシュやホンダストリームが当時のライバル車と言える立ち位置でした。
三代目プレマシーは2010年7月に販売を開始しました。
先代モデルと同様3ナンバーサイズの全幅となっています。
続きを読む

RX-8 買取価格・相場・査定価格 一覧

RX8

RX-8は2003年から2012年までマツダが製造していたスポーツカーで、一度大きなマイナーチェンジを受けていますが、一代限りの車となっており、後継車は存在していません。
全高が低く、流麗なスタイルを持ったスポーツカーながら後席ドアも配置されているのが大きな特徴です。
ドアはセンターピラーがなく開口部の広い観音開きドアとなっていて、全タイプ全グレードで4人乗りとなっています。
続きを読む

AZ-ワゴン 買取価格・相場・査定価格 一覧

AZ-ワゴン

AZ-ワゴンは2012年まで、四代に渡って販売されていた軽トールワゴンで後席ドアもヒンジドアとなっています。
全世代スズキワゴンRのOEM車で、フロントグリルやエンブレムなどのデザインが若干異なりますが、基本的なスタイルは同一となっています。
なお、現在はマツダではフレアが後継車となっています。
四代目AZ-ワゴンは2008年に販売を開始し、スタイルはノーマル系とヘッドライトが細身でシャープなデザインのカスタムスタイル系に分かれていました。
続きを読む

デミオ 買取価格・相場・査定価格 一覧

デミオ

デミオはマツダの登録車の中で最も小さい5ドアハッチバック車で、1.3リッターエンジンが主軸となっており、現行モデルではディーゼル車がラインナップされていることが大きな特徴です。
前輪駆動車がメインで四輪駆動車も設定されます。
4代目となる現行モデルデミオは2014年に登場し、1.3リッターのガソリン車と国内市場では最も小さな1.5リッターのディーゼルエンジン車が用意され、先代モデルの無段変速機から6速オートマチックと6速マニュアルに変更されました。
続きを読む

アクセラスポーツ 買取価格・相場・査定価格 一覧

アクセラスポーツ

アクセラスポーツはマツダの3ナンバーサイズ5ドアハッチバック車で2003年に登場し、3代目となる現行モデルは2013年に登場しています。
現行モデルアクセラスポーツは2013年11月に発表され、111馬力、JC08モードで19.6km/lの燃費の1.5リッターと155馬力、19.0km/lの燃費の2.0リッターガソリンエンジンと175馬力で21.4km/lの2.2リッターディーゼルエンジンが設定されていました。
続きを読む

タイタン 買取価格・相場・査定価格 一覧

タイタン

タイタンは、1971年に初代モデルが登場して以降、マツダが販売している小型および中型トラックです。
かつてはすべてのラインナップがマツダの独自開発で生産が行われ、発売以来10年サイクルでモデルチェンジが行われていましたが、2004年以降はいすゞよりエルフのOEM供給を受けています。
主にボディー形状は平ボディーのほか、ダブルキャブタイプ、ダンプなどもあり、キャビンは標準的なもの以外にワイド、ミドルが選択できます。
続きを読む

ロードスター 買取価格・相場・査定価格 一覧

ロードスター

マツダ ロードスターの初代モデルは1989年ユーノスロードスターとして発売されました。その後、ユーノス店の廃止によりマツダロードスターに変わりますが、初代ロードスターが発売された当初はコンパクトサイズのフルオープンスポーツカーは他になく世界的に大ヒットすることになりました。このロードスターの成功を受け、MGやフィアット、BMW、メルセデスベンツといったメーカーから中小型のオープンカーが発売されることになり、消滅しかけていたライトウェイトスポーツカー市場が再活性化されることになります。
1998年には初のフルモデルチェンジを経て、2000年には、世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカーとしてギネス認定も受けます。
続きを読む