トヨタ

クラウンアスリート 買取相場・査定価格 一覧

トヨタ クラウンアスリート

トヨタ クラウンアスリートは3ナンバーの4ドア5人乗りのエンジン前置きの後輪駆動が基本の高級セダンです。
3.5リッターと2.0ターボはFRのみの設定、2.5ハイブリッドはFRと4WDが選べ、2.5リッターは4WDのみの設定となっています。
アスリートはクラウンシリーズのスポーティ系グレードの名称で、2012年にフルモデルチェンジを受けた14代目が最新モデルになります。
ロイヤル系との違いは搭載エンジンが2.5リッターガソリンとハイブリッドのみのロイヤルに対し、アスリートは3.5リッターガソリン、2.5リッターガソリン、2.5リッターハイブリッド、2.0リッターターボと多彩なエンジンラインナップとなっており、外観ではフロントバンパーやグリルのデザインが異なり、インテリアはロイヤルの木目調とは異なり、ブラック系でまとめられています。
価格帯は393万63600円の2.0ターボから618万3000円の3.5まで幅広く存在しています。
続きを読む

ランドクルーザープラド 買取相場・査定価格 一覧

トヨタ ランドクルーザープラド

現行のランドクルーザープラドは2009年に登場し、マイナーチェンジを繰り返しながら現在まで販売を続けています。5ドアの7人乗りまたは5人乗りの本格オフロード車で、ボディサイズは一種類で全タイプフルタイム4WDとなっています。
現在のモデルのエンジンは177馬力の2.8リッタークリーンディーゼルと163馬力の2.7リッターガソリンエンジンで変速機は全車6速オートマチックとなっています。モデル初期には276馬力のV6の4.0リッターエンジンが設定されていました。駆動制御システムにマルチテレインセレクトモードを搭載しており、滑りやすい路面や凹凸のある路面、段差のある路面などり5つの状況に対応したモードで最適な走行が可能となっています。ぬかるんだ路面からの脱出の最、ステアリングのみで走破可能なクロールコントロールも設定されています。
続きを読む

ヴィッツ 買取相場・査定価格 一覧

トヨタ ヴィッツ

トヨタのヴィッツは1999年から販売を開始した5ドアハッチバックが中心のコンパクトカーで現行モデルは2010年に登場し、2017年にはハイブリッドモデルが追加されています。
歴代の全モデルで5ナンバーサイズを維持しており、販売台数の非常に多い車ということもあってか、ほぼすべてのモデルでマイナーチェンジごとにデザインが変更されています。
現行モデルは4代目で2度のフロントやリヤデザインのマイナーチェンジを行っています。
1.0リッター、1.3リッターのエンジンを搭載しているのも代々の特徴といえます。
現行モデルには予防安全装備のToyotaSafetySenseCによる自動ブレーキや誤発進抑制機能が搭載されています。
ヴィッツの査定価格ですが、現行モデルヴィッツのハイブリッドなどは登場してまだ日が浅く、中古買取のデータはあまり無いようです。
2017年のヴィッツFが1万~2万kmの走行距離のもので95万円を越す買取例があり、ヴィッツF自体の定価が118万1520円~となっていることから新車価格の80%近い買取で、高額な例と言えます。
続きを読む

ウィッシュ 買取相場・査定価格 一覧

トヨタ ウィッシュ

2009年に現行モデルが登場したトヨタ ウィッシュは1600mmとトヨタで最も全高の低く、5ナンバーサイズが基準の3列シートミニバンです。
全高は先代モデルと変わっておらず、ライバルだった二代目のストリームより全高が高くなり、競合から独自路線となりました。
グレードによってはフェンダーが張り出した関係で3ナンバーとなります。
1.8リッターと2.0リッターエンジンを搭載し、1.8リッターは16.0km/lとガソリン車としては優れた燃費を達成しています。
FFと4WDの設定があり、変速機は7速スポーツシーケンシャルシフトマチック機能付きの無段変速機を採用しておりパドルシフトも採用されています。
初代モデルは2003年に販売が開始され、当時大ヒットしていたホンダのストリームに強力に対抗する一台でした。
続きを読む

ヴェルファイア 買取相場・査定価格 一覧

ヴェルファイア

ヴェルファイアはトヨタの最上級ミニバンで、後席ドアはスライドドアとなっています。
同じく上級ミニバンのアルファードと兄弟車ですが上下二段に分かれたシャープなデザインのヘッドライトでインパクトの強いフロントデザインとなっています。
エンジンは3.5リッター、2.5リッターハイブリッド、2.5リッターガソリンが用意され、ハイブリッドは全車4WD、ガソリン車は前輪駆動車と4WDが設定されています。
シートはセカンドシートがパワーオットマン付きのエグゼクティブパワーシート、超ロングスライドが可能なリラックスキャプテンシート、8人乗りに対応しており、6:4分割チップアップシートの三種類が用意されています。
予防安全装備はミリ波レーダー方式のプリクラッシュセーフティシステム、インテリジェントクリアランスソナーなどが用意され、フロント・セカンド・サードシートに対応したSRSカーテンシールドエアバッグなど7つのエアバッグが搭載されます。
続きを読む

ハイエースバン 買取相場・査定価格 一覧

ハイエースバン

ハイエースバンはトヨタから販売しているキャリーオーバーワンボックスカーです。
ハイエースとしての歴史は非常に古く1967年にデビューしました。
その後数々のラインナップの登場や改良を加えながら、現在は2004年に登場した5代目ハイエースが現行型となっています。
ハイエースはその大型な車両であり様々な用途に使用できるため、自家用車以外のも商業車や救急車、ハイヤーなどでも使用されています。
このハイエースには種類が多くバン・コミューターなどがありますが、このハイエースバンは他のハイエースより貨物・商業車として使用される事が多い車です。
その為、ナンバーも1ナンバーや4ナンバー扱いであり普通・小型貨物車としての分類になる車です。
続きを読む

ヴォクシー 買取相場・査定価格 一覧

ヴォクシー

初代ヴォクシーは2001年に登場し、2007年に2代目。2014年に現行の3代目ヴォクシーが販売されています。
3代目からはハイブリッド車も設定され一部グレードを除いてアイドリングストップ機能も完備されており燃費面で課題のあるミニバンでは大きな躍進となりました。
JC08モードでヴォクシーのハイブリッドは23.8km/L。ガソリン車でも最高16kmとなり、どちらのタイプ高燃費のためエコカー減税面でも優遇されており人気がある車種です。
続きを読む

アルファード 買取相場・査定価格 一覧

アルファード

アルファードはトヨタの最上級ミニバンという位置づけになりますが、元々はグランビアやグランドハイエースの統合車種として2002年に登場しました。
この背景には、当時の初代日産エルグランドにグランビアやグランドハイエースが販売面で全く太刀打ちできなかったということがあり、トヨタの威信をかけて初代アルファードの開発が行われました。
2002年の報道発表会は2代目エルグランドの発表の翌日、CMには国際的映画スターのジャンレノを起用するなど、その対抗意識は鮮明なものでした。
トヨタ陣営としてはトヨタが日産に負けているのはエルグランドだけということで、アルファードは思いっきり豪華な仕様に仕上げられることになります。
続きを読む

カローラフィールダー 買取相場・査定価格 一覧

カローラフィールダー

現行モデルのカローラフィールダーの買い取りが最も期待できるタイプはハイブリッドG 「W×B」というハイブリッドの最上級スポーティグレードとなっています。これ以外にもハイブリッドグレードは高めとなりますが4WDはハイブリッドに設定されていません。
ガソリン車では1.5リッターAEROTOURERが高額グレードで、年式などによっては1.8リッター車のSグレードより高額の買い取りになりうるモデルです。
1.8リッターAEROTOURERというグレードが以前存在した高額グレードですが現在は販売されていません。
予防安全装備の装備や4WDの装備は買い取りが有利になり、特別仕様車も有利になります。
色は年代を通して白系、黒系が有利となっており、シルバー系が次いで有利です。
続きを読む

プリウス 買取相場・査定価格 一覧

プリウス

1997年に登場したプリウスですが、モデルチェンジのたびに販売台数を大幅に伸ばしており、3代目プリウスでは販売ランキングの上位に常に登場する一台となっています。

2015年末に登場した最新型もその人気をキープしていると言えるでしょう。三代目販売初期にはプレミアム価格の付いた中古車が販売されるほどの人気でしたが、その後はハイブリッドカーの車種も増えアクアやカローラハイブリッドなども販売されており、最高レベルの燃費を誇るとはいえ、中古車査定においてハイブリッドカーというアドバンテージはやや弱くなっていることは否めません。
続きを読む