車検が切れた車でも売ることはできますか?

ボディーやエンジンの状態が良ければ問題なく売ることができます。
車検が切れたとしても、しっかりとエンジンや足回りがしっかりとしていて、機能がしっかりとしていればきちんと値段が付きますので、安心して査定依頼をすることができます。

もちろん、あまりに年式が古いとか走行距離が長くなっているなどの理由で、商品価値が下がってしまっている場合は、査定額が付かないこともあります。
そのため、査定依頼をする際には、すでに車検が切れてしまっているということと共に、愛車のモデルや年式、状態などを説明すると良いでしょう。その上で、査定が可能かどうかを確認してみるのがベストです。
公道を走ることができませんので、買取店に持ち込みすることはできず、出張査定という形を取るしかありませんので、出張査定に対応してくれる買取店に依頼するということも忘れないようにしましょう。

また、実際に運転していないと、必要な書類がどこにいってしまったか分からないこともあります。
いくら状態が良くても必要な書類がないと売却できないこともありますので、査定に来てもらう前にすべての書類を探して手元に用意しておくようにしましょう。
さらに、切れてからどのくらいの期間が経っているか、運転しなくなってからどのくらいの期間経っているかも知らせると良いでしょう。
というのも、ずっと動かしていないとバッテリーが上がってしまって、エンジンをかけられないこともあるからです。
その情報があれば、鑑定士もバッテリーの用意をしてきて、見積もりが出しやすいように準備してくれます。

査定後、いつ売ったらよいですか?

愛車の査定をしてもらって、その値段に納得したら、できるだけ早いタイミングで売った方が良いでしょう。
もちろん、買取店一社に査定をしてもらったとしても、すぐに決めるのは難しいでしょう。他のお店にも見積もりを出してもらって、一番高く買い取ってくれるところに売るのが賢明です。
また、新しい自動車を買うことを考えているのであれば、自分のもとに確実に交通手段が確保できるように、買い替えのタイミングを計る必要もあります。
そのため、査定後すぐに売れないという必要が生じることも考えられます。

しかし、査定をしてから何週間も時間が経ってしまうと、買取店ではもう一度鑑定をしないと買取ができないという決まりを持っていることもあります。
というのも、査定をしてから何らかの不具合が生じたり事故に遭ったりしている可能性も捨てきれないからです。もちろん、顧客のことを疑っているというわけではありませんが、万全を期して良い状態で買取を行うために、再度買取価格を確認するのです。

査定後どのくらいの期間が経ったら、その見積もりが有効ではなくなるのかは、買取店によって異なります。
そのため、査定をしてもらった段階で、いつまでに売る必要があるのかを鑑定士や他のスタッフに聞いてみるとよいでしょう。
基本的にはできるだけ早く売ることがお互いに望ましいものですので、売却の計画を立てる時点で、査定と引き渡しのタイミングを考えておくようにしましょう。

売ろうとしている車の車検が迫っています。

買取価格というのは、モデルや年式、走行距離、ボディーカラーなどによってある程度の相場というものが存在します。
車検までの時期も、相場を決める一つの基準となりますので、理想としてはできるだけ残存期間がある方が良いでしょう。
次回までの期間が長ければ長いほど、当然買取価格も高くなる傾向があります。一方で、かなり時期が迫っていると、通常の相場価格より下がってしまうことがありますので気を付けましょう。

もちろん、時期が過ぎなければ普通に売ることができるので大丈夫なのですが、ぎりぎりのタイミングだと、手続きやオークションにかかる時間を見なければなりませんので、買取店でもあまり良い印象を持ちません。
買取店で手続きを済ますことができますから、買取ができないなど問題が生じることはありませんが、どうしても査定額に影響してしまい、相場より何割か低い価格になってしまうことは否めません。

こうしたことを考えると、次回までの期間をできるだけ長く持っていた方がお得に売れることになります。
といっても、時期が迫っているから、自分で車検を通してしまうのは、逆に損することになりかねません。
期間が短いことで落ちる査定額の割合よりも、自分で通すことによって生じるコストの方が高くなってしまうからです。
この場合には、少し査定価格が下がるとしても、手続きにかかる手間や、トータルでの値段を考えるとそのまま売却してしまった方が良いということになります。

自宅とは違う場所に車を取りに来てもらうことはできますか?

基本的には自宅とは違う場所であっても、引き取りをしてくれる買取店がほとんどです。
家とは異なる場所で出張査定を依頼してその場で引き取りをお願いした場合でも、別に費用が発生することもなく、スムーズに手続きを済ませることができます。
一方で、査定をしてもらった場所とは違うところに来てもらって引き取りをお願いするケースでは、費用が発生することもありますので気を付けましょう。

引き取り場所が買取店の店舗から近いなどの場合には、特に大きな問題もなく、出張査定と同じように無料で引き取りを行ってくれるところが多いでしょう。
しかし、エリア外にまで行って車を引き取らなければならないなどのケースでは、別途引き取り料を計算して査定額から引かれることもあります。もし、引き取りをする場所が店舗から遠いのであれば、持ち込みをしないといけなくなることもありますので、店舗に確認する必要があります。

とはいえ、買取店でもできるだけ多くのお客さんから買取を行いたいと思っているので、少しくらい自宅から離れたところであっても、無理のない程度で融通を効かせてくれることがほとんどです。高圧的な態度にならないように注意をしつつ、スタッフに相談してみて、家とは違う場所でも引き取りに来てもらえるようにお願いしてみるとよいでしょう。
交渉次第でたいていは応じてくれますので、あまり遠慮せずに気軽に店舗スタッフに相談してみることをおすすめします。

車は自宅まで引き取りに来てくれますか?

出張査定を行っている買取店であれば、たいてい自宅や会社など指定されたところまで来てくれて、持って行ってくれます。
買い手にとっても買取店にとっても一番手間がかからず、スムーズに行くパターンは、家まで出張査定に来てもらって、その場で価格交渉を行って納得がいったら、すぐに売買契約を結ぶというものです。
そして、そのまま愛車を引き取ってもらえますので、かなり楽にすべての手続きを終えることができます。
続きを読む

出張査定は、遠方でも来てくれますか?

大手であればほとんどの買い取り専門店で自宅や仕事場まで来てくれて、その場で査定をしてくれるものです。
地元の買取販売店でも出張サービスを行っているところが多いので確認してみるとよいでしょう。
自宅まで来てくれると、店舗に持ち込む手間と時間を省くことができてとても便利です。
多くの買取店では遠方でも来てくれますので、気兼ねなく出張査定を頼めるのがうれしいところです。
続きを読む

買取りの仕組みを教えてください。

愛車を売却するにあたっては、買取店での価格の見積もりを出してもらい、その価格に満足したら、売買契約を結ぶという流れが一般的です。
そして、必要な書類をすべて確認してから、その書類と車体を引き渡し、指定した銀行口座に売却代金を振り込んでもらえばすべてが終了します。
続きを読む

下取りと買取りの違いを教えてください。

愛車を買い取ってもらう場合には、主に下取りと買取りという二つの方法があります。
下取りというのは、自動車を買い替える際に使われるシステムで、ディーラーや販売買取店などで、愛車を売り、その差額で新しいものを買うというものです。
自分のところには愛車を売ったお金が入ってくることはなく、その代金がそのまま新しく買う分に充てられることになります。
手続きとしてはとてもシンプルになりますので、より楽に買い替えができるのが魅力です。
続きを読む

査定の時間はどれぐらいかかりますか?

愛車を売りたいと考えているものの、毎日仕事などで忙しくてなかなか買取店に愛車を持っていく暇がないという人も多いでしょう。
もし、買取価格の見積もりを取ってもらうのに手間がかかるのであれば、貴重な休みの日がつぶれてしまうことにもなりますので、なかなか足が向かないかもしれません。
しかし、多くの買取店では、スピーディーな査定を心がけていますので、それほどを待たされることはありません。
続きを読む

法人名義の車を売却するときにはどうすればいいですか?

会社で使っていたものを売るのは何かと手続きが複雑になることもあります。そのため、あらかじめ必要になる書類などをしっかりと準備して、手続きをスムーズに進められるようにしておくと良いでしょう。
社用車が法人名義となっているのであれば、車検証や自賠責保険の証書など、基本的な書類に加えて、会社の登記簿謄本を用意する必要があります。
また、売買に使用した会社の印鑑も手続きの際に必要となりますので、あらかじめ準備しておくと良いでしょう。
続きを読む