走行距離が少ない車は高く売れる!

Pocket

走行距離が少ない車は高く売れる!

車を売るなら少しでも高い価格で売りたいところですね。
車の価値というのは年式やメーカーなど様々な項目から評価されることになりますが、その中でも走行距離は非常に影響力が高い重要なポイントとなります。
通常、走行距離が長くなればなるほど車の価値が低くなっていきます。

逆に走行距離が短い状態で車を売れば、高額査定で売れるようになります。
新車や新古車は車の価値が高いと言われているのは、新車は走行距離がゼロであり、新古車でも多くて数百kmしか走っていないことが大きなポイントでもあります。
車は、乗れば乗るほど走行距離が増していきますので、将来的に車を売るのであれば、極力走行距離を抑えるように注意しておきましょう。
そして、なるべく早く車を売ることで比較的高額査定が期待できます。
賢く車を売るためにも走行距離に関する知識はしっかりと持っておきたいところですね。

走行距離を抑えて車を売ろう

もちろん走行距離が短い車ほど高く売れるわけですが、車を乗る人のライフスタイルは様々ですので、意外と実践するのが難しくなります。
通勤・通学などで、日常生活で車に乗る機会が多ければ、それだけ走行距離が長くなります。
ネガティブな言い方になりますが、毎日車に乗る度に車の価値が下がるイメージですね。
こういった場合、走行距離を抑えて高額で車を売るためには出来るだけ早く車を売る必要があります。
ここで考えておきたいことが1つあります。
それは今後、新車、中古車問わず新しい車に乗り換えていくかどうかでしょう。
今後の生活で車に乗ることがないのであれば、早期に車を売ってしまったほうが良いでしょう。
ただし、生活の中で車が必要なら車を売る場合は車を乗り換えて行く必要があります。
この場合、どのタイミングで車を購入するのかがポイントとなります。
今の車を高く売れるほど新しい車を購入する資金を大きく確保出来るようになるので、乗り換えのタイミングを計画的に考えておくことが大切です。
そのタイミングを考える時にしっかりと今の車の走行距離を考慮しておき、なるべく走行距離を抑えるにようにしましょう。

走行距離と共にモデルチェンジのタイミングにも注目

愛車を高額で売るために走行距離と共に注目しておきたいのが、愛車のモデルチェンジのタイミングです。
モデルチェンジした車種が発売されると、古いタイプの車種の価値は自然と低くなってしまいます。
これは車を買い換える場合の話ですが、走行距離を出来るだけ抑えながら高額を目指すならモデルチェンジした車種が発売されるまでに車を売っておくのがベストです。
特にフルモデルチェンジを行った車種の場合、全モデルの査定価格は大幅に低下する可能性があります。
せっかく努力して走行距離を抑えてもフルモデルチェンジした車種の登場によって大きく車の価値が下がってしまうケースがあります。
そのため、乗り換えのタイミングを考える上で、愛車の自動車メーカー情報を定期的にチェックしておき、新車が発売されるまでに売ることを意識しておくことが大切です。
新しいモデルが発売されてから日数が経つほど、前モデル車種の需要は大きく減っていきます。
意外と見落とすことが多いポイントなので、走行距離と同時にメーカーの情報をチェックしておくことを覚えておきましょう。

買取業者を比較することも大切

フルモデルチェンジするまでに車を売ることを意識しておき、さらには走行距離を出来るだけ抑える、この2つのポイントを頭に入れておけば上手に高額で車を売れるようになります。
しかし、最後はしっかりと買取表者を比較ひかしてから選ぶことが大切です。
価値が高い車でも会社によって評価の仕方が異なるので、価格が大きく変わってくることになります。
一括査定を利用すると分かりますが、A社で50万円でもB社で45万円など、各社の価格は本当に大きな差があります。
最終的にどの会社を選んで取引をするのか?これは査定の結果を比較して判断するようにしましょう。
査定を比較する時は出来るだけ多くの会社を対象にしておきたいところです。
比較対象が多いほど、それだけ高額で取引できる会社を見つけやすくなります。
ここはしっかりと時間を掛けておいて損のないポイントです。
納得できるまでいろんな会社で愛車を査定して、じっくりと各社の価格を比較しておくようにしましょう。

Pocket