プレミオ 買取相場・査定価格 一覧表

Pocket


Warning: file_get_contents(https://db.cars-sell.net/public/graph/model_data_1/?mid=264&syear=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/xserverokite/cars-sell.net/public_html/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/shortcode.php on line 184

プレミオはトヨタの5ナンバーサイズの4ドアセダンで、カローラより上級の立ち位置となっています。
2001年から販売を開始しており、それ以前はコロナ・プレミオ、さらに以前はコロナというセダンが同じ立ち位置で販売されていました。
現在販売されているプレミオは2007年に販売を開始しており、2016年にフロントデザインの改良や予防安全装備を搭載したタイプに変更されています。

現行モデルプレミオは2016年6月にフロントデザインを中心とした改良を受け、大型のグリルに細身のヘッドライトを装備したスタイルに変化しました。
予防安全装備はToyota Safety Senseが装備され、プリクラッシュセーフティシステムや車線逸脱警報機能、誤発進抑制機能も装備可能です。
ハイブリッド車は設定されておらずガソリンエンジンのみの設定で、エンジンは152馬力2.0リッター、143馬力(4WDは131馬力の)1.8リッター、109馬力の1.5リッターが設定されており、燃費は1.5リッターでJC08モード19.6km/l、1.8リッターで16.4km/lとなっています。
駆動方式は前輪駆動が基本で、4WDは1.8リッターにのみ設定されています。
変速機は全タイプでフロアシフト配置の無段変速機となっています。
インテリアは本革シートも選べ、フルフラットやリアシートリクライニング機能を搭載し、リアシートを前傾させてトランクスルー機能で荷室を広く使う機能も採用されています。
2007年から販売された現行初期型プレミオはシート構造はほぼ同等となっており、燃費は現行にやや劣っており、フロントデザインが大きめのヘッドライトなどが特徴で、予防安全装備は装備されていません。
2001年から販売された初代プレミオは1.5リッター、1.8リッター、2.0リッターのエンジン構成が二代目に引き継がれていましたが、初期型では2.0リッター以外のモデルは4速オートマチックを採用していました。
(のちに全タイプ無段変速機に改良)なお、インテリアのリアシートリクライニングなども二代目に引き継がれています。
プレミオの買い取りは人気グレードで査定も有利な1.5F EXパッケージの2016年型で165万円前後の買い取りが期待できます。
同年式で排気量が大きい1.8F EXパッケージでは185万円前後、2.0 EXパッケージで190万円前後の査定が期待できます。
なお、4WDは同グレードの場合は1.8F EXパッケージでは5万円程度査定が良くなりますが、2015年辺りから、2WDグレードより査定が安くなるケースがあります。
初代モデルは2007年式で10万円前後の査定が手一杯と言えます。
色はシルバー系、ホワイト系、ブラック系が有利です。

Pocket