エスティマハイブリッド 買取相場・査定価格 一覧表

estimahybrid_main

あなたのエスティマハイブリッドの買取価格を調べるなら車買取ネット!買い換え・乗り換え・下取りをご検討中ならこちらでエスティマハイブリッドの最高価格を調べましょう。
無料で最大10社から一括買取で最高価格を調べられます。

トヨタのエスティマハイブリッドはトヨタ初のハイブリッドミニバンとなっており、2001年に当時の二代目エスティマをベースとして登場しています。
すべて4WDであることも特徴的です。
また、エクステリアデザインはワンモーションフォルムと呼ばれるスムーズな流線型で、後席ドアはスライドドアなことも歴代モデルの特徴となっています。
続きを読む

ストリーム 買取相場・査定価格 一覧表

ストリーム

ホンダ ストリームは2000年から2014年まで二代に渡って販売された5ナンバーサイズの低全高三列シートミニバンで、現行のホンダ車種としては3ナンバーサイズとなりますがジェイドが近い存在と言えます。
ストリームは前輪駆動車が基本で四輪駆動車も用意されていました。
二代目ストリームは2006年から2014年まで販売されており、先代よりさらに低くなった全高や横基調のデザインとなったヘッドライトが特徴となっています。
続きを読む

クラウンハイブリッド 買取相場・査定価格 一覧表

クラウンハイブリッド

トヨタ クラウンハイブリッドはトヨタの後輪駆動ベースの高級セダンで2001年のクラウンマイルドハイブリッドが発祥と言えますが、一代限りの販売となっており、本格的なハイブリッド車自体は2008年型クラウンからとなっています。
現行モデルとなるクラウンハイブリッドは2018年にフルモデルチェンジされ、3.5リッターエンジンと2.5リッターエンジン、後輪駆動と四輪駆動が用意されています。
3.5リッターは最高出力299馬力、JC08モード燃費は18.0km/l、2.5リッターは最高出力184馬力、燃費は23.4km/lとなっています。
続きを読む

アクティトラック 買取相場・査定価格 一覧表

アクティトラック

アクティトラックはホンダの軽トラックで、代々エンジンが座席の後ろの床下にあるミッドシップレイアウトが特徴となっており、旋回性能に優れています。
後輪駆動車と四輪駆動車が用意されています。
4代目となる現行モデルは2009年に登場しており、先代モデルと比べてホイールベースが短くなったことで最小回転半径が小さくなり、坂道で床下機器に物がぶつかる可能性を低下させています。
続きを読む

サンバートラック 買取相場・査定価格 一覧表

サンバートラック

スバル サンバートラックはスバルの軽トラックで、現行モデルは8代目となっています。
なお、2012年まで製造されていた6代目まではスバル製となっており、それ以降はダイハツのハイゼットと同等の車となっています。
8代目サンバートラックは2014年に販売を開始しており、エンジン出力は5速MTでは先代より低下して46馬力に、先代の3速ATから改良された4速ATでは先代と同等の53馬力となっています。
続きを読む

フェアレディZ 買取相場・査定価格 一覧表

フェアレディZ

日産 フェアレディZは日産が製造、販売しているスポーツカーです。
1969年に初代モデルが誕生し、2020年には誕生50周年を迎えます。
1978年に2代目モデルが登場、ほぼ5年おきにモデルチェンジが行われており、現行のフェアレディZは2008年に登場した6代目フェアレディZ、Z34型となります。
続きを読む

ヴァンガード 買取相場・査定価格 一覧表

ヴァンガード

トヨタ ヴァンガードは2007年から2013年まで販売されていた2列シート5人乗りと3列シート7人乗りの仕様があったミドルクラスのSUVで、一大限りの販売となっていて現在のトヨタ車には直接後継モデルはなく、RAV4が比較的近い立ち位置の車となっています。
2列シート車と3列シート車にはサイズの差はなく、すべてのグレードでどちらのタイプも選ぶことが可能でした。
続きを読む

ルークス 買取相場・査定価格 一覧表

ルークス

日産ルークス(デイズルークス)は日産の後席スライドドア搭載のハイト系軽自動車です。
立ち位置的にはタントやN-BOXなどと競合する車となっています。
2代目となるデイズルークスは2014年に販売を開始しており、三菱自動車との共同開発モデルとなりました。
デザインは親しみやすいノーマル系とダイナミックなデザインのハイウェイスター、オーテックによる特装車で可愛らしいボレロとハイウェイスターベースでよりグリルが特徴的なライダーが用意されています。
続きを読む

デイズ 買取相場・査定価格 一覧表

デイズ

デイズは日産の軽自動車で、立ち位置的にはスズキのワゴンRやダイハツのムーヴのライバルとなるサイズとなっており、すべてのドアがヒンジドアとなっています。
外観デザインは親しみやすいノーマルグレードと押しの強いデザインをもつハイウェイスターに分かれています。
現行モデルは2019年に登場しており、グレードの多くにマイルドハイブリッドシステムを搭載し、JC08モードで最高29.8km/Lもの低燃費を誇ります。
続きを読む