売却を決めて契約をした後、キャンセルはできますか?

査定が終了して買取金額に納得したら売買契約を結んで、後は愛車や書類の引き渡しを済ませれば、すべてが終了します。しかし、いろいろな事情で契約をキャンセルして、売却をなかったことにしたいという事情が生じることもあります。
こうしたケースでは、トラブルになることも多いので、慎重に検討する必要があります。
それは買取店によって売買契約の中身が異なるからです。
そのため、まずは契約内容をしっかりと確認するようにしましょう。
続きを読む

引っ越しをしたのですが、他府県ナンバーでも査定してもらえますか?

他府県のナンバープレートのままでも買取は可能です。
通常、他府県に引っ越した時は新たに住むことになった県の陸運局で、ナンバープレート変更手続きをする必要があります。
買取りを依頼する前に自分で行うこともできますが、すぐに愛車を売ること事を考えているのであれば、ナンバーはそのままにして買い取りを依頼した方が楽でしょう。
続きを読む

所有者が海外にいる場合、車を売るのに用意すべきものはありますか?

他人名義の車を売却するには、オーナーの実印とその印鑑証明書が必要となります。
そのため、国外に住んでいるとしても印鑑と印鑑証明書があれば、すぐに手続きをすることができます。
しかし、たいていの場合は海外在住だと、実印などを送ってもらったり借りたりすることは難しいでしょう。
そのため、国外に住んでいる人が手続きできるような制度が設けられています。
続きを読む

所有者が亡くなった場合、車を売るのに何が必要ですか?

相続人が何人いるかによって異なりますが、通常の売却に必要となる書類の他に、亡くなった所有者の除籍謄本と、売りたい人の戸籍謄本が必要となります。
そして、相続人が何人もいる場合には、相続人全員の印鑑証明書や、本人がその車を相続することを証明する遺産分割協議書が必要になります。
さらに、亡くなられた方と売りたい人の住んでいる場所が違うのであれば、車庫証明書が必要になります。
続きを読む

自動車税納税証明書を紛失したのですが、査定依頼できますか?

自動車納税証は、名義変更に必須となる書類です。
そのため、この書類がないと売却手続きを進める事ができませんので、査定をしてもらって買取金額を提示してもらったとしても、それ以上の手続きを進められないことになります。
それで、鑑定士に来てもらって見積もりを出してもらう前に、この書類を再発行してもらわなければなりません。
続きを読む

自動車税を払い忘れたのですが、このまま査定依頼できますか?

自動車税を払い忘れたなどで滞納している場合は、名義人の変更手続きができませんので、そのままでは売却ができません。
そのため、まずは税金を払って納税証明書を手にしてから査定依頼をするのが賢明でしょう。
大手の買取店などでは、納税証明書を含めてすべての書類がしっかりとそろっていることを、売却の条件としていることもありますので、必要な書類はしっかりと準備しておきましょう。
続きを読む

車検証が見当たりません。査定依頼してもいいですか?

車検証がないままでは、売却をすることはできません。
そのため、査定を依頼したいと思っているのであれば、その旨をあらかじめ買取店に伝えるようにしましょう。
書類を紛失してしまったものの、自分名義のものであることや、自賠責保険の証書を含めて他の書類はしっかりとあることなどを伝えることができます。

もし、買取店で再発行の手続きなどを代行してくれるのであれば、そのまま査定を進めて買取の手続きをしていくことができます。
その際には、代行手数料としてある程度の費用が発生しますので、買取金額から差し引かれることになります。
自分で書類の再発行をするのであれば、管轄する陸運局に行って手続きをすることになります。
手続き自体は簡単ですぐにできますが、事務所にたくさんの人がいると、待ち時間が長くなりますので、ある程度時間のゆとりを持っていく必要があります。

本人が行くのであれば、身分証明書や印鑑を持っていけば、事務所においてある書類を使って手続きができますのでより簡単に申請ができます。
費用も数百円で済みますので、とてもお得です。買取店に代行を依頼すると、数千円はかかりますのでもし時間が取れるようであれば、自分で行った方が経済的でしょう。
また、鑑定の流れもスムーズに進みますので、最初にこの再発行手続きを行った方が楽になります。
もちろん、車検証がない状態では運転はできませんので、陸運局までは他の人に連れて行ってもらうなどの措置を取ることになるでしょう。

車検が切れた車でも売ることはできますか?

ボディーやエンジンの状態が良ければ問題なく売ることができます。
車検が切れたとしても、しっかりとエンジンや足回りがしっかりとしていて、機能がしっかりとしていればきちんと値段が付きますので、安心して査定依頼をすることができます。

もちろん、あまりに年式が古いとか走行距離が長くなっているなどの理由で、商品価値が下がってしまっている場合は、査定額が付かないこともあります。
そのため、査定依頼をする際には、すでに車検が切れてしまっているということと共に、愛車のモデルや年式、状態などを説明すると良いでしょう。その上で、査定が可能かどうかを確認してみるのがベストです。
公道を走ることができませんので、買取店に持ち込みすることはできず、出張査定という形を取るしかありませんので、出張査定に対応してくれる買取店に依頼するということも忘れないようにしましょう。

また、実際に運転していないと、必要な書類がどこにいってしまったか分からないこともあります。
いくら状態が良くても必要な書類がないと売却できないこともありますので、査定に来てもらう前にすべての書類を探して手元に用意しておくようにしましょう。
さらに、切れてからどのくらいの期間が経っているか、運転しなくなってからどのくらいの期間経っているかも知らせると良いでしょう。
というのも、ずっと動かしていないとバッテリーが上がってしまって、エンジンをかけられないこともあるからです。
その情報があれば、鑑定士もバッテリーの用意をしてきて、見積もりが出しやすいように準備してくれます。

査定後、いつ売ったらよいですか?

愛車の査定をしてもらって、その値段に納得したら、できるだけ早いタイミングで売った方が良いでしょう。
もちろん、買取店一社に査定をしてもらったとしても、すぐに決めるのは難しいでしょう。他のお店にも見積もりを出してもらって、一番高く買い取ってくれるところに売るのが賢明です。
また、新しい自動車を買うことを考えているのであれば、自分のもとに確実に交通手段が確保できるように、買い替えのタイミングを計る必要もあります。
そのため、査定後すぐに売れないという必要が生じることも考えられます。

しかし、査定をしてから何週間も時間が経ってしまうと、買取店ではもう一度鑑定をしないと買取ができないという決まりを持っていることもあります。
というのも、査定をしてから何らかの不具合が生じたり事故に遭ったりしている可能性も捨てきれないからです。もちろん、顧客のことを疑っているというわけではありませんが、万全を期して良い状態で買取を行うために、再度買取価格を確認するのです。

査定後どのくらいの期間が経ったら、その見積もりが有効ではなくなるのかは、買取店によって異なります。
そのため、査定をしてもらった段階で、いつまでに売る必要があるのかを鑑定士や他のスタッフに聞いてみるとよいでしょう。
基本的にはできるだけ早く売ることがお互いに望ましいものですので、売却の計画を立てる時点で、査定と引き渡しのタイミングを考えておくようにしましょう。

売ろうとしている車の車検が迫っています。

買取価格というのは、モデルや年式、走行距離、ボディーカラーなどによってある程度の相場というものが存在します。
車検までの時期も、相場を決める一つの基準となりますので、理想としてはできるだけ残存期間がある方が良いでしょう。
次回までの期間が長ければ長いほど、当然買取価格も高くなる傾向があります。一方で、かなり時期が迫っていると、通常の相場価格より下がってしまうことがありますので気を付けましょう。

もちろん、時期が過ぎなければ普通に売ることができるので大丈夫なのですが、ぎりぎりのタイミングだと、手続きやオークションにかかる時間を見なければなりませんので、買取店でもあまり良い印象を持ちません。
買取店で手続きを済ますことができますから、買取ができないなど問題が生じることはありませんが、どうしても査定額に影響してしまい、相場より何割か低い価格になってしまうことは否めません。

こうしたことを考えると、次回までの期間をできるだけ長く持っていた方がお得に売れることになります。
といっても、時期が迫っているから、自分で車検を通してしまうのは、逆に損することになりかねません。
期間が短いことで落ちる査定額の割合よりも、自分で通すことによって生じるコストの方が高くなってしまうからです。
この場合には、少し査定価格が下がるとしても、手続きにかかる手間や、トータルでの値段を考えるとそのまま売却してしまった方が良いということになります。