ロードスター 買取相場・査定価格 一覧

ロードスター

マツダ ロードスターの初代モデルは1989年ユーノスロードスターとして発売されました。その後、ユーノス店の廃止によりマツダロードスターに変わりますが、初代ロードスターが発売された当初はコンパクトサイズのフルオープンスポーツカーは他になく世界的に大ヒットすることになりました。このロードスターの成功を受け、MGやフィアット、BMW、メルセデスベンツといったメーカーから中小型のオープンカーが発売されることになり、消滅しかけていたライトウェイトスポーツカー市場が再活性化されることになります。
1998年には初のフルモデルチェンジを経て、2000年には、世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカーとしてギネス認定も受けます。
続きを読む

キューブ 買取相場・査定価格 一覧

日産 キューブ

日産のコンパクトトールワゴンである三代目となる現行モデルのキューブは2008年から販売が開始されました。
先代を引き継いだ左右非対称のデザインを持っており、5ナンバーサイズの全幅は維持しつつ、3890mmと全長は160mm延長されました。
エンジンは109馬力を発生する1.5リッターエンジンを搭載しており、全タイプ変速機はエクストロニックCVTで19.0km/lの燃費を達成しています。
FF車が基本ですが4WDも用意されています。インテリアはソファ感覚のシートを装備しシートカラーも多数用意されて自分だけの仕様を選ぶことが出来ます。
後席ドアは初代モデルから一貫してスイングドアとなっており、後席スライドドアを搭載したコンパクトトールワゴンが多数登場する中では直接的なライバル関係の車は少なくなっています。
最終モデル登場からかなりの時間が経過していますが、フルモデルチェンジの噂がなく、今後の動向が注目されます。
続きを読む

ヴェルファイア 買取相場・査定価格 一覧

ヴェルファイア

ヴェルファイアはトヨタの最上級ミニバンで、後席ドアはスライドドアとなっています。
同じく上級ミニバンのアルファードと兄弟車ですが上下二段に分かれたシャープなデザインのヘッドライトでインパクトの強いフロントデザインとなっています。
エンジンは3.5リッター、2.5リッターハイブリッド、2.5リッターガソリンが用意され、ハイブリッドは全車4WD、ガソリン車は前輪駆動車と4WDが設定されています。
シートはセカンドシートがパワーオットマン付きのエグゼクティブパワーシート、超ロングスライドが可能なリラックスキャプテンシート、8人乗りに対応しており、6:4分割チップアップシートの三種類が用意されています。
予防安全装備はミリ波レーダー方式のプリクラッシュセーフティシステム、インテリジェントクリアランスソナーなどが用意され、フロント・セカンド・サードシートに対応したSRSカーテンシールドエアバッグなど7つのエアバッグが搭載されます。
続きを読む

ハイエースバン 買取相場・査定価格 一覧

ハイエースバン

ハイエースバンはトヨタから販売しているキャリーオーバーワンボックスカーです。
ハイエースとしての歴史は非常に古く1967年にデビューしました。
その後数々のラインナップの登場や改良を加えながら、現在は2004年に登場した5代目ハイエースが現行型となっています。
ハイエースはその大型な車両であり様々な用途に使用できるため、自家用車以外のも商業車や救急車、ハイヤーなどでも使用されています。
このハイエースには種類が多くバン・コミューターなどがありますが、このハイエースバンは他のハイエースより貨物・商業車として使用される事が多い車です。
その為、ナンバーも1ナンバーや4ナンバー扱いであり普通・小型貨物車としての分類になる車です。
続きを読む

ヴォクシー 買取相場・査定価格 一覧

ヴォクシー

初代ヴォクシーは2001年に登場し、2007年に2代目。2014年に現行の3代目ヴォクシーが販売されています。
3代目からはハイブリッド車も設定され一部グレードを除いてアイドリングストップ機能も完備されており燃費面で課題のあるミニバンでは大きな躍進となりました。
JC08モードでヴォクシーのハイブリッドは23.8km/L。ガソリン車でも最高16kmとなり、どちらのタイプ高燃費のためエコカー減税面でも優遇されており人気がある車種です。
続きを読む

ワゴンR 買取相場・査定価格 一覧

ワゴンR

ワゴンRは日本の自動車やバイクのメーカー、スズキが提供する軽自動車です。
クルマより楽しいクルマをキャッチフレーズにし、1993年にワゴンRの初代モデルが登場、1998年には2代目が登場、従来よりも若干丸みを帯びたデザインへと変更されましたが、2003年の3代目では初代モデルのようなスクエアデザインへと戻っています。
2008年に登場した4代目はスタイリッシュなデザインへと変更されました。
また、エンジンの改良により旧モデルより大幅に燃費が良くなっています。
続きを読む

アルト ラパン 買取相場・査定価格 一覧

アルト ラパン

アルト ラパンは2001年にコンセプトカーとしてモーターショーに登場し話題にもなりました。翌2002年に初代アルト ラパンが販売開始され2008年に2代目、2015年に現行の3代目アルト ラパンが登場しています。どのモデルもその愛らしい形から特に女性に人気の軽自動車として中古車市場でも一定の人気を誇っています。
特に3代目は、より女性目線での軽自動車開発のため女性だけのプロジェクトチームを結成しました。企画や車内のデザインに至るまでにすべて女性の意見が取り入れられたモデルとしてより女性からの支持を集めています。
続きを読む

アルファード 買取相場・査定価格 一覧

アルファード

アルファードはトヨタの最上級ミニバンという位置づけになりますが、元々はグランビアやグランドハイエースの統合車種として2002年に登場しました。
この背景には、当時の初代日産エルグランドにグランビアやグランドハイエースが販売面で全く太刀打ちできなかったということがあり、トヨタの威信をかけて初代アルファードの開発が行われました。
2002年の報道発表会は2代目エルグランドの発表の翌日、CMには国際的映画スターのジャンレノを起用するなど、その対抗意識は鮮明なものでした。
トヨタ陣営としてはトヨタが日産に負けているのはエルグランドだけということで、アルファードは思いっきり豪華な仕様に仕上げられることになります。
続きを読む

ステップワゴン 買取相場・査定価格 一覧

ステップワゴン

現行ステップワゴンでは同等の年式や走行距離を軸に考えると、予防安全装備の装備されているG ホンダセンシングが高価買取となり、ステップワゴン スパーダでは2016年1月に登場した特別仕様車で予防安全装備の装備されたクールスピリット アドバンスパッケージ αなどが高額買取のトップクラスとなります。その中で4WDになると車体価格の増加分程度ではありますが買取価格が増加します。特別仕様車は現在は販売されておらず、それに相当しうるグレードはスパーダのクールスピリット ホンダセンシングとなります。モデューロXというスポーティなスタイルを持った特装モデルも本体価格が高いために高額買取が考えられますが、モデルデビューが2016年の11月と新しいため、あまりデータはありません。ステップワゴンBグレードは最低限の装備に近い低価格グレードであるため、先に挙げたグレードより高価格の買い取りにはまずならないといえるでしょう。
続きを読む

カローラフィールダー 買取相場・査定価格 一覧

カローラフィールダー

現行モデルのカローラフィールダーの買い取りが最も期待できるタイプはハイブリッドG 「W×B」というハイブリッドの最上級スポーティグレードとなっています。これ以外にもハイブリッドグレードは高めとなりますが4WDはハイブリッドに設定されていません。
ガソリン車では1.5リッターAEROTOURERが高額グレードで、年式などによっては1.8リッター車のSグレードより高額の買い取りになりうるモデルです。
1.8リッターAEROTOURERというグレードが以前存在した高額グレードですが現在は販売されていません。
予防安全装備の装備や4WDの装備は買い取りが有利になり、特別仕様車も有利になります。
色は年代を通して白系、黒系が有利となっており、シルバー系が次いで有利です。
続きを読む